保育園入園の一次審査の結果について記者会見

>

2月28日に、日本共産党都議団が行なった「4月からの保育の一次選考で入園等が不承諾となった子どもの人数の調査」の結果について記者会見しました!

現時点で都内34自治体(12区19市2町1村)から回答があり、一次不承諾の数は合計で17,961人。平均で申込者数の3割が一次選考で入れていないことになります。しかし、認可保育園の増設を進めてきた自治体では、申し込み数が増えても不承諾数を減らしている傾向も出ています(足立区、北区、墨田区、品川区、目黒区、調布市、日野市など)。詳しくはこちら↓
https://www.jcptogidan.gr.jp/category01/2018/0228_845

東京都が行なった「保育ニーズ調査」の結果も合わせて、明日の都議会代表質問でも、待機児童対策について、知事に迫ります!!