初質問☆地下鉄をバリアフリーに

>

9月15日は公営企業委員会にて、初質問をしました☆

質問は交通局が都営地下鉄の自動清算機を更新する契約案件について、障害のある方の移動の自由を保障するバリアフリーの観点からのものでした。2020年のオリンピックに向けて、障害の有無に関わらず、すべての人々が相互に人格と個性を尊重し合う共生社会の実現することを目指して、アクセシビリティ・ガイドラインが策定されています。これに基づいて、視覚障害のある方に十分に配慮するように、音声ガイダンスなどの対応をするように求めました。

今回は契約した案件の報告だったので、契約の範囲内でできることを、と要望しました。今後も都営地下鉄や都営バス、舎人ライナーなど、都の交通機関においてバリアフリーが進んでいくように取り組みたいと思います。

ママ友が傍聴に来てくれていて、感激しました。