いつ、だれが、子どもに性を伝えるか

>

都議会で自民党都議が、足立区の中学校で行われていた性教育を攻撃して以来、むしろ遅れている日本の性教育を発展させていくべき!という市民の運動と世論が広がっています。

昨夜(9月3日)、エデュカス東京で開かれたイベント「いつだれがこどもに性を伝えるか」に参加してきました。パネリストにはNPO法人ピルコン代表の染矢明日香さん、そして、足立区の中学校の性教育のプログラムを共同作成している埼玉大学准教授の渡辺大輔先生。若い人たちの性の悩みや現状、世界や国内での先進例のお話など、とても勉強になりました。

会場には学生さんたちや若い人たちが多く、145人が参加☆若い先生や、活動家の方々が多くいることにとても励まされました!