今夏の東京五輪は中止して、コロナ対策に集中する

>

marikos point

東京オリンピックを心待ちにしていた方もいらっしゃると思いますが、私は、現状では中止にせざるをえないと考えます。コロナ危機の収束が見通せず、変異株の脅威がましているもとで、命と健康を守れる保障がないからです。

オリンピックの組織委員会は、観客や大会関係者などの来場者が1日最大約34万人になると公表しました。人の流れがふえ、感染リスクが高まるのは明らかです。都民には、長期にわたって自粛をしながら、なぜリスクのあるオリンピックをおこなうのか。まともな説明もなく突き進むのは、どうしても納得できません。

こうしたもとで、問題が噴出しています。私は、90万人もの子どもたちを学校観戦として動員する計画を都議会でただし、その杜撰な実態を明らかにしました。その後、学校観戦を辞退する自治体が相次いでいます。また、大勢の医師や看護師をオリンピックのために引きはがすことにも、医療現場から強い批判の声がわき起こりました。

世界には深刻な感染状況の国ぐにがあり、フェアな大会には到底なりえません。いま開催を強行することは、五輪の理念にも反するのではないか、と思います。

私は、いま政治がなすべきは、今夏の五輪開催を中止し、東京都のもてるマンパワーと予算を、コロナ対策に集中することだと考えます。命と暮らしを最優先にする都政へと力を尽くします。