都議として初の都議団会議☆

>

今日(7月7日)、都議として初めての共産党都議団の団会議に参加してきました!
 
議題はこの間の情勢や、選挙戦の感想交流、今後のスケジュールなど。各地から勝ち上がった新・都議さんたちがまぶしかった。私は去年3月までの1年弱を都議団事務局で過ごしていたので、おかえりなさーい!と迎えられました。不思議な感覚です。懐かしい事務局メンバーとの時間にほっとしました(^-^)

バッジももらってきました。ネジ式のものをピン式に換えてもらうため、今日いただいたのは仮のものなんですが。ちなみに現職都議さんたちの任期は22日までで、23日からが第20期の都議の任期スタートとなります。

新しい闘いが始まるワクワクとする団会議でしたが、これまで一緒に闘ってきた同志たちの顔がすべてそこにあったわけではないことに、寂しさと同時に責務の大きさも感じました。

共産党の都議候補者は、昨年から月1回程度の候補者会議を開いていました。節目ごとに全都の候補者が集まり、活動交流をしたり、悩みを共有して解決を見いだしたり、闘いの方針を共有したり…。地域ではただ1人の候補者たちが集まれる場所で、多くのことも学び、励みになる場でした。党派選挙が初めての私にとっては本当に心強い場でした。そこで時間を共有してきた面々。その全員がいるわけではない、あたりまえかもしれないのですが、この場にこられなかった同志の分も議会でかんばらなくてはいけないと思いました。

全都で共産党候補に投票してくださった77万の思いをすべて生かしていくために、都議チームの一員としてがんばらなくてはいけない、思いをあらたにしました。