首都の米軍基地に、事故率の高い危険なオスプレイが!

>

東京にある横田基地は、世界で唯一、一国の首都の住宅街にある米軍基地。ここに、米軍機のなかで最も事故率の高いCV22オスプレイが、10月から5機も正式配備されるとの報道がありました。

CV22オスプレイは、米軍の特殊作戦のための機体です。沖縄・名護市沿岸やオーストラリア東岸沖で墜落したMV22オスプレイより事故率が高く、いっそう危険なものです。

アメリカでは各地で嫌われてお払い箱になっているオスプレイを、安倍政権は、トランプ政権に言われるままに多額の公費を使って購入しています。こうした重大問題を主要メディアがまともに報道しないなか、私たちのすぐ身近に危険が迫ってきています。

全国知事会は日米地位協定の抜本改定を求める提言を全会一致で採択したばかり。この貴重な前進を活かして、オスプレイ配備に抗議して米軍基地におびやかされることのない日本をつくるために、小池都知事はイニシアチブをとるべきです!

「東京新聞」8月23日付↓
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018082302000158.html

「しんぶん赤旗」8月23日付、24日付 ↓
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-23/2018082301_01_1.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-24/2018082401_03_1.html