オスプレイを東京・横田基地に配備させない!

>

11月23日、オスプレイの横田基地配備に反対する大集会に参加してきました!

 

安保法制の発動(海外での戦争参加)を狙う安倍政権のもとで、東京・横田基地の強化が進んでいます。事故率の高いオスプレイ、そして敵地にまっさきに乗り込んで、暗殺や拉致を目的にした強襲のためのオスプレイが、来年秋から横田基地に配備されようとしています。

 

危険なオスプレイの配備は許さない、基地の強化は許さない、の声をあげて、5,000人の人が福生市多摩川中央公園に集まりました。小池晃参議院議員、宮本徹衆議院議員、山添拓参議院議員から連帯の挨拶。そして、沖縄選出の伊波洋一参議院議員、稲嶺・名護市長からも連帯のメッセージ。横田、普天間とも、基地に隣接して住宅や学校、病院、保育園などが密集し、世界一危険な基地とも言われています。各界からのリレートークの中では、多くの人がオスプレイのこと、横田基地強化のことを知らないという発言も。同感です。

 

私が傍聴した3月の都議会では、オスプレイの危険性や性能、横田基地について共産党が追及しても、「国の選管事項だから」とまともに答弁しなかった東京都。そんな、おかしな話はありません!だって、沖縄では基地問題のことを自分たちのこととして、ちゃんと県議会で話しあっているのだから!

 

「国のことだから」と言って逃げることはもう許したくないです!

 

会場では、東京で都議選、衆院選を闘う同志たちと写真を撮りつつ、エールを交わしてきました☆