緊急事態宣言、再延長の今こそ問われる都の姿勢!〜都議会の討論から

>

緊急事態宣言が3月21日まで再延長されることが決まりましたが、ここまで至ってもなお、知事が発信することは「皆さん気をつけてください」という自己責任の押し付けだけ😱ということ、もう、みんなで怒ったほうがいいレベルです💧

3月4日に行われた中途議決での、あぜ上三和子都議の討論でも、都の問題点があきらかになりました!

最終補正予算1253億円等について審議されました。わが党はその予算の執行自体には賛成しましたが、中身は極めて不十分です。

まず、その99.5%は国費で、都の独自政策がないこと。感染を積極的に食い止めるためのPCR検査の拡大や、経営がひっ迫している医療機関への減収補填の対策もありません。知事の感染症対策が、都民に押し付けるものしかないことは重大な問題です。

事業者支援として大事な家賃支援給付金は276億円の減額補正!使い勝手が悪いため執行率が低く、今年度使い残してしまいました。制度を改善して使えるようにし、拡充するべきです。

その他いろいろ、こちらで全文が確認できます 👇

◆あぜ上都議の討論全文