朝市でも街頭でも意気投合☆ 勇気をいただきました

>

今朝は、関原商店街の朝市からスタート。いつも一緒に歩いてくれる地域の皆さんのほか、サポーターズのメンバーも一緒に歩いてくれました😆

朝ごはんのパンケーキやフランクフルト、お漬物などのお買い物をしながら、店主さん方と対話もできました。

「いつも共産党を応援しているんだよ」と話してくれた店主さん。消費税の話になると、「やっぱり減税してほしいよね、支払いは大変だよ!」とのこと。そこで、コロナ禍のなかで世界各国では消費税は減税されています、日本でも減税を、東京都からもっと事業者支援を、とお話すると意気投合。勇気をたくさんいただきました。

◇◆◇  都知事の対策に「さすがにおかしい!」という声も ◇◆◇

区内で演説していると、初めて聞きに来たというご年配のお母様方がいました。終わってからご挨拶にいくと「もう、がんばって!応援します!」と激励をしてくれながら、今の気持ちについて話してくれました。

「私、やっぱりおかしいと思うの、小池都知事。だっていつも言ってることが、都民へのお願いばっかりでしょ。感染が増えたからって、気をつけて、とか。じゃあ、知事は何してくれてるの?と思うわよ。いや、正直言うとね、最初はがんばってるんだって思ってたのよ、実はね。だけど、1年も経って、まだ同じことを言ってるのはおかしわよね!」と怒りを込めて話してくれました。

ほかにも、公園で遊んでいたお子さん連れの方々が、さいごまでその場で聞いてくれていました。ご挨拶にいくと、リーフもうけとってくれて、「がんばってください」と力を込めて言ってくれました。

いま、コロナの対策について訴えると、響くように反応があります。やはり、今まで無為無策だった小池知事や菅政権に対して怒りの思いがあるのだと思います。日本共産党が一貫して訴えてきたPCR検査の拡大について、ようやく都もまた少し拡大の方針を出しましたが、まだまだ歩みが遅く不十分です。これからも訴え続けます😊

◆ こちらは、サポーターズのみなさんが作成してくれた朝市の動画です👇