3度目の緊急事態宣言で「夜8時に消灯」?! 科学的な対策を!!

>

今日から3度目の緊急事態宣言ですが、これまで都民に苦しい自粛を強いてきながら、政治・行政は何をやってきたのかが、厳しく問われています。

人流を抑える、そのことだけでコロナの感染が食い止められていないのは、この1年間の繰り返しの中で明らかです💧 なにせ、この日本、東京都でも、PCR検査を広く行って感染を食い止める科学的な対策が行われていません。東京都モニタリング会議の専門家もPCR検査拡大の戦略をもつことの必要性を指摘してきたにもかかわらず、小池都知事はそのことに背を向け、実行してきませんでした。菅政権も小池都知事も必要な対策をやってこなかった、この責任こそが問われています!

「夜8時に消灯」などと非科学的なことを言って、都民を締め上げるようなことより、知事の成すべきことに真剣に向き合ってほしい。

昨日の街頭宣伝では、道行く人や、車の中から、また、団地のテラスに出てきて、応援してくれる方々がいました。いまこそ「政治、行政、知事にこそ責任を果たせ!」の声をあげていきましょう!