都議会☆文教委員会シリーズ② #生理の貧困

>

【都議会☆文教委員会シリーズ② #生理の貧困 】

先日の文教委員会で、#生理の貧困 について取り上げ、都立学校のトイレで生理用品を無償配布するように求めました。

質疑にあたって、学校の先生たちからもお話を伺いましたが、保健室で必要な児童・生徒には配っていても、もらいにくることをためらって、学校を休んでいる子もいるかもしれない、ということでした。それが、「トイレでだれでも使っていいんだよ」ということになれば、生理用品が用意できない様々な理由から女の子たちは解放されて、学習の機会の保障につながるのではないか、とのことでした。

生理の貧困はコロナ禍で、大きな社会問題になりました。この問題が就学や仕事、社会参画など、女性のあらゆる機会を阻んでしまう深刻な状況につながることを、あらためて考えさせられました。今まで声をあげにくかった問題かもしれません。そうしたなか、声をあげ、活動している方々に本当に感謝と敬意の思いです。教育委員会は私の質問にたいして、「何ができるか検討していく」と答弁しました☆あとひと押し!!

質疑の後、都は災害備蓄用に用意していた27万枚を区市町村に配ることを決めましたが、ぜひ都立学校にも! 備蓄用の再利用でなくても、学校での配布をしてほしいです!! 区市町村立の学校にも回るといいな😊

ともに文教委員会でがんばっている練馬区選出のとや英津子都議と一緒に報告動画をつくりました😆