今夏のオリンピックは中止し、コロナ対策に集中を! 知事に申し入れました

>

いま、足立区民、都民の方々との対話では、かならずオリンピックのことが話題になります。

「もう止めてほしい」

「無理だよね〜。」

「まん延防止なのに、なんでオリンピックだけいいの?」

「コロナの感染がひどくなるんじゃないの?」

そういう声をいただいています。

 

日を追うごとに、中止を求める声が国内外で広がっています。東京都医師会の尾崎会長は、「これ以上感染拡大すれば無観客でも東京五輪大会は難しい」と4月13日の会見で話されました。ニューヨーク・タイムズ(2日付)は「開催は最悪のタイミング」であり「一大感染イベント」になる可能性があると指摘。イギリスのガーディアンも、社説で「ショーを続ける必要がありますか」と、東京大会開催を厳しく批判しました。

4月13日に発表された「共同」の全国世論調査では、東京大会は「中止・再延期をすべき」が72%にのぼりました。聖火リレーについては、「限定的な中止」「全面的な中止」の合計が85.2%に達し、「継続すべき」は13.2%にとどまりました。

小池都知事は、都県境を越えないよう呼びかけながら、まん延防止重点措置期間中に開催する五輪大会のテストイベントでは、全国的なチケット販売を行なうなど、矛盾しています😣 日本共産党都議団はあらためて、知事に申し入れを行い、IOCなど関係機関に大会中止を決定するよう要請することを強く求めました!

▼申し入れ全文はこちら👇

直ちに今夏の五輪中止を決断し、コロナ収束に全力を