保育士さんの思いがつまった新園舎☆

>

2月25日に、4月から新設される新しい保育園の施設見学と開園式に参加させていただきました。西加平にできた80人定員の認可保育園、野の花保育園です☆

共同保育所(認証保育所)3園の園長先生たちと、保育士さんたちが集り、こどもたちへの思いを込めてつくった保育園。クラスの部屋だけでなく、廊下や縁側、階段も、温かい木製で、ほっとする園舎でした😊 そして、おままごとのキッチンセットも木製、先生たちの手づくりのおもちゃもあって、懐かしい思いになりました。うちの子も0歳のときには共同保育所にお世話になっていたので、先生たちの思いのこもった立派な園ができたことが本当にうれしいです(^-^)。

0歳児童のお部屋は、さすが!午睡のスペースは別につくってありました。そして、園舎に入って最初に目を引くのが、エントランスの下足箱のすぐ奥に設置された空間。一段窪んだ小さなスペースに、絵本やおもちゃがおいてあります。中に入ると自分だけの空間のように感じます。園にきて、泣いている子にもきっと目を引くスペース。先生に聞くと、やっぱりこどもたちが落ち着いて、ニコニコ笑顔になれるように、こだわってつくっていたスペースとのこと。保育士さんたちの優しさを随所に感じる園舎でした。

新米ママは、こどもを生んですぐに一人前のママになるわけではありません。私はたくさんのことをここに集まる保育士さんたちに教えてもらいました。こどもを豊かに育てるということはどういうことか、ともすると忙しい生活の中で、自分の都合を優先に考えがちになってしまうことが多いけど、こどもに向き合って、その気持ちを尊重することの大切さなど、たくさんのことを気づかせてくれました。

同時に、そういう保育の積み重ねをして、こどもを一緒に育ててくれている保育士さんたちに感謝の思いでいっぱいです。そして、いまの自分は、そんな保育環境を守って、どの子にも豊かな保育を保障できる社会をつくるためにがんばる!その思いをあらたにしました。内覧会や開園式には各会派の都議、区議さんたちが参加されました。